2018年5月23日水曜日

紫さんの送別会と新しいドミナ達

昨日はお食事会の為、
夕方までの営業でした。
本来であれば昨夜のご来店を
ご計画でいらした会員様、
お時間を下さったことに
感謝致します。
今月の20日に最終日を終えた
紫さんの送別会に
新しいドミナらの交流、
濃いお時間を過ごすことが
できました。

美しい女性がならぶと
華やぎますね。
折角のこの季節なので
お外でのお食事にしたのですが、
フラワーアレンジメントが
素敵なレストランだったから
より輝きを増しておりました。

紫様とは今後とも
撮影などを共にするし、
会えなくなるわけではありません。
むしろ紫さんらしい
ポジションに立つだけです。
今後より羽ばたける為のお話も
何度か重ねていたので、
なるべく皆で華やかに送り出したい、
という気持ちでした。
シオラーズにかこまれ
暖かい送別会になりました。

紫さん、お疲れ様でした。
今後のご活躍も
陰ながら応援致しております。

6月中旬よりBar AMARCORDにて
紫さんの写真展が開催されます。
最後にお会いできなかった会員様、
写真展にも足をお運び下さいね。

新しいドミナも多く、
これからも変化のあるラ・シオラ。
引き続き新しいドミナも募集中です。
SMに興味ある女性からの
ご連絡をお待ち申し上げております。





2018年5月20日日曜日

七様新画像とミア様の休日

七様の画像を更新しました。
下記のページから
ポートレートへどうぞ。
http://rieasagiri2008.kir.jp/Ndomina/nana/nanaE.html
まことに七様らしくて
素敵な画像だこと。
お久しぶりの撮影でしたが
風格が増しましたね!
アンニュイな雰囲気がセクシー。
かと思えば、
M男性を前にした時の
余裕の構えは凛としてしまる。
その自然体な調和は
七様ならではの魅力です。
お知らせが遅くなりましたが
ベビードミナのミア様、
来週と再来週の2週に渡り、
お休みをいただいております。
ミア様の美少女ぷりだけでなく
知性溢れるユーモアに
心奪われた会員様も多いですが、
2週間の辛抱です。
(本日20日日曜は出勤です)

ミア様、
マゾという生き物に興味津々。
違うからこそ面白い、
理解不能だからこそ知ってみたい、
SMの定義にとらわれず、
「人」そのものをみようとする
姿勢がいいですね。
プレイの幅は模索中。
ミア様にとっての、いえ、
全てのベビードミナにとっての
良きベテランマゾじじぃが
現れることを願う!











2018年5月11日金曜日

とても遅れまして、桜。

今年は季節が
生き急いでいるかのように、
桜も早く咲いて、早く暑くなった。
今になって気温が落ちたけど、
ゴールデンウィーク中は
このまま夏に突入、
猛暑が早く来るんじゃないかと
心配してた。
はまることはないと思っていた
東南アジアにここ数年で目覚めた。
現地で犬に噛まれて(笑)
狂犬病の予防接種に走ったり、
他にも思わぬことの連続で
足止めをくらい、
たまったデスクワークと共に
地道に過ごしていたここ最近。
着々とデスクの上のものと
向かい合っていると、
時間が動いていない錯覚に。
何故今、私は桜の画像を
セレクトしているんだろう?
早い季節の移り変わりから
取り残されると思ったわ。

たまったデスクワークの
終わりも見えつつあり、
やっと春がきました。(笑)
桜の季節に櫻子さんとレナさんと
ご一緒したレストラン画像です。

・・・デスクワークの終わり、
いえ、まだ見えてないわね。
地道にすすめます。
七さんの新画像も隠しています。
それに、次の撮影期は6月、7月。
緩やかな珈琲時間はそこそこに、
作業をすすめねばなりませんね。

桜の頃に。
In sakura season、
遅れた春をお楽しみくださいね。
https://www.smugmug.com/gallery/n-r6ktzm/






2018年5月7日月曜日

「O嬢の物語」が生まれた本物の館!

この間のパリでの出来事です。
ある男性に
「今度1日あけて」と言われました。
「どうしても見せたいものがある」
とのことなので、出掛けました。

メトロに乗って、
そんな遠くない駅で下車しました。
閑静な住宅街で
変わったものはなさそうですが、
「ここだ!」と家を指さす男性。
立派な家ではあるけれど、
お店でもレストランでもない。
きれいだけど、どうみても家。
ポカーンとしたままの私。

Dominique Auryの彼の家だよ。
ここでO嬢の物語が生まれた」☺
「ええええ!!!」😲

Dominique Aury は
「O嬢の物語」の作者の
 Pauline Réageの本名です。

もう、ひたすらびっくり!
実際見ることができるとは
思わなかった!
それから撮影したり大騒ぎの私。
けっこう大きなお家です。
住人に出くわしたら、
「中を見せて下さい!」と
土下座しちゃったかもしれない。

フランスの有名ライター、
Michel Houellebecq の
話題になった「服従」という本。
この本に住所が書いてあったそう。
ちなみにSMの服従ではなく、
フランスでのイスラムの存在?に
ついて書かれたもの。
和訳の本が出てるようですが
読むか読まないか、悩むところ。
興味ある内容ではないけど
O嬢に触れてあると聞くと、
そこに至る流れが気になる。

この家の近くに
ローマ風の競技場も残ってました。
最寄駅もレトロなフォントでMetro。
パリが好きじゃないこともあり、
あまり出かけないのですが
たまには外に行かなきゃね。


2018年5月5日土曜日

栞さんの画像とコメント更新しました。

皆様、休暇をお楽しみかな?
それにしても良いお天気。
もう夏?というような日も。
でも、夜になると涼しい。
蒸し暑いのが苦手な私としては
理想的なお天気だわ。

ベビードミナ栞さんの
画像とコメントを更新しました。
http://rieasagiri2008.kir.jp/Ndomina/shiori/shiori.html
知的で品がありつつも
気取ってなくて艶っぽい。
まだまだ秘めたものがありそう。
雅さん、ミアさん、栞さん、
美しい3名の長身ベビードミナら。
個性はまったく違いますが、
共通点はみんな性格がいいです。

****
この21年、いろんな講習方法を
試してきましたが、
一番むつかしいのが「脱線」です。
どのように良き「脱線」を
してもらうか、難題です。

講習はいつも同じではありません。
そのドミナの経験と性格を見て
さじ加減を変えます。
SMプレイと同じで、
ひとりひとり変えます。
Mの嗜好や経験を無視して
同じ責めはしないのと同じです。

その中で、難題が脱線なんです。
どう脱線してもらうか。

脱線の先は
起承転結や予定調和など
宇宙の果てに消えてしまえ!です。

相手が人間だからこそ、
返ってきたものに返す・・・
を繰り返してゆくと、
思わうところに行きつくことも
当然あるはず。
それには外から植え付けられた
SMの定義が邪魔なことも。
ここに行き着かなければいけない、
みたいな思い込みが
SにもMにもあったりするので。
情報社会では想像する前に
情報が降ってきちゃうしね。

脱線は
ドミナの度胸とM男性の広い心、
このふたつ次第かもしれません。
お互いのあらを探して
閉塞感を増殖させてる世の中では
無難に、となりがちですものね。
でもここはBDSMの世界。
脱線の美学も
健在であってほしいものです。





2018年4月30日月曜日

紫さん退店、次のステージへ!

紫さんが5月20日をもって
退店することになりました。

常にアンテナを張り巡らせて、
やるとなったら何でもとことん。
広く浅くなんてあり得ない、
やった以上は広く深くゆく!
・・・というのが紫さんの印象です。
器用で多才なだけでなく、
知的好奇心を満たすべく努力を
惜しまないところが素敵です。
またまた没頭できる新しい世界も
見つけたようで活き活きしていますよ。

彼女が長い間、雪村春樹先生の元で
緊縛を続けてきたのはご存知でしょう。
「雪村 春晏 」という縛師名もお持ち。
ちなみに真珠さんは「春うずまき」
巻き髪のイメージから。
おふたり共、イメージにあってて
すてきなお名前ですね。
改めて雪村先生に感謝しております。

雪村先生がお亡くなりになってから
緊縛を通しつつ、緊縛だけに留まらず、
深く考えたこと、思い、
気付きや変化が溢れ出たようです。
紫さんにしては珍しく、
当然、元気のなかった時間もありました。
共に海外にでかけ、
緊縛ワークショップのサポートをしてきた
師匠がいなくなったわけですから、
悲しくないわけがない。
その時に何ができるか、何をすべきか、
言葉に出さずとも消化して
紫さんらしさがより明確になった印象です。

今度はドミナとしてだけではなく、
緊縛トレーナーとして本格的始動。
海外でのワークショップにも積極的。
ドミナ経験を活かした
縛る、縛られる人が心地いいもので
パフォーマンス緊縛とは違うものです。
傍観者は関係ない、
縛り縛られる者たちの快楽のための、
SMの緊縛の原点。
紫流と雪村流の融合した
新しいかたちのものです。
以下は紫さんの緊縛講師サイトです。
https://murasakirope.com 
やるならとことん紫さんらしく
世界一の女性緊縛講師になってね♥

退店後は在籍という形とは変わりますが
ラ・シオラとは何かと協力関係に。
今まで通り撮影なども頑張って下さいます。
ラ・シオラで共に過ごした16年間。
長いような短いような。
「ラ・シオラの紫」として
残り少ない時間を楽しみましょう。

・・・ここで!!!!!
紫さんの素敵な画像をお届けしたいと
データーをひっくり返したところ、
思わぬ方へ脱線。
懐かしい画像を引っ張り出しました。

最初に2010年ヴェネチアです。
La Sioraは中世のヴェネチアの方言。
英語のThe Mistressにあたります。
(この不思議話は長くなるのでまた)
La Sioraの原点に皆で行った時のもの。
LaSioraのサイトに使われている
ヴェネチア関連の画像は
この時、紫さんが撮影したものです。
La Siora Decadace
https://www.smugmug.com/gallery/n-JvM3C/
この後、バルセロナに向かった。
次に、2009年冬に戻ってベルリン。
ベルリンに住む友人の案内で
SMショッピングを楽しみ、
SMクラブAvalonの見学など。
ホテルで撮影してみたり、
クリスマスマーケット行ったり、
活動的に動きましたね~。
2009年パリ。
イルミネーションが美しい街を

現地M男君たちも一緒に散歩。
ここで、貴重な画像発見。

大きなFetish Party(Nuit DEMONIA)で
縛る紫さんと真珠さん。こんなことになるとは思わず、
その辺にあるロープをお借りして
縛ることに。今や麻縄はマニアは皆持ってますが
この頃はそうでもなかった。
海外で、たくさんの人前で縛るのは
これが初だっけ???
ブリュッセルが先だっけ???
いずれにせよ、ブリュッセルのは
プライベートパーティだったから、
人前で縛っている画像は貴重。
これが紫さんの世界への第一歩
(に近ければ)より貴重な画像だわ。


こうしてみると、
これだけでなくいろんなところ
行きましたね。
今度は世界のどこかで
緊縛を教えている紫さんを
見に行きたいです。
もちろん、またパリも来てほしい。
今後の活躍も目が離せません!

会員の皆様、
紫さんのLa Sioraの在籍は
1カ月を切りましたが、
よろしくお願い致します。



2018年4月28日土曜日

ミアさんの初画像更新しました。

ミアさんの初画像、
ミアさんからのメッセージ、
お店からのコメントを
更新しました。
http://rieasagiri2008.kir.jp/Ndomina/mia/mia.html

明日、明後日はプレイ見学日。
是非ご協力お願いします。
来週の日曜からは
いよいよ独立予約の開始予定!
プレイ嗜好も出てきたでしょうから
NGプレイなどあるようなら
お知らせ致しますね。

次は栞さんの画像も
早くお届けできるよう頑張りますね。
素敵な画像ばかりで迷います。