2007年1月22日月曜日

ラ・シオラのサイト、新画像続々アップ!

このブログか、私のメルマガで、今日月曜には数々の新画像をお届けできる・・・みたいなことを書いてしまったので、昨日は朝まで作業致しましたよ。(泣)作業終わったのは朝の4時か5時だったと思うわ。

その甲斐あって、2005年11月の)【Baby Doll】のパーティの画像、本来なら2005年にお見せするはずだった画像もアップしたわよ。(笑)
ついこの間の【Baby Doll】のパーティでの真珠さんの様子もアップいたしました。ショーの様子だけでなく、舞台裏もちびっとだけ公開。
また、ギャラリーページのイメージ画像を沙羅さんのものに変えました。
http://lasiora.com/menu/gallery.html

そして、話題の新人ドミナ長身ふたり組のひとりである麻央さんの画像もアップしました。25日(木)より本格出勤です。
http://lasiora.com/domina/mao.html

今日も沙羅さんの新画像アップする予定です。今公開している画像は、この間の作品作りのモデルをやっていただいたもの。それとは別に素敵な画像がありますのでお届けします。今日も睡眠不足でがんばります。頑張りがいあるわ!

カメラマンは鈴木かずき氏。前職の経歴とは逆に、実は撮影が苦手な私。とくにSMでの撮影苦手でした。SM誌やネットの広告など多くドミナがスタジオ撮影したものを使用するのに対し、私はプレイの間の10分くらいで適当に素人が撮影したの物を使用していました。

なぜか鈴木かずき氏に撮影していただいた写真は自然なんですよ。この世界に入ってSM誌以外で、プロに作品レベルでまともに撮影してもらったのは鈴木かずき氏と篠山紀信氏だけじゃないのかな?そのくら撮影って避けていたのに、鈴木氏の写真の中の私は女王様に見えます!(笑)

おそらく鈴木氏の写真を見れば「あの写真撮った人?」ってわかるものだと思う。その写真や数々の名作も含み、イタリアで写真集出版が決まっていたのですが、表紙の写真の諸事情からご辞退なさったみたい。ああ、もったいない。
また、ベルギーの雑誌は鈴木氏の写真を掲載して褒めまくっていました。

また、鈴木氏は話が早い!一緒に作品作りやるとアイデアが倍増するもの。今回の撮影は数年ぶりの復帰第一弾撮影でしたが、現場は楽しい遊び場のように盛り上がっていました。
先回は沙羅さんも私達とやるのが初だったので緊張したかと思いますが、またまた新しいコーディネートとアイデアがあるので、美しい沙羅さんがより美しくなった姿を、またお届けできるかもしれません。

そんなわけで、撮影協力、場所貸し大歓迎!(笑)

あるM男君、40周年!

先週の日曜にある有名M男性の『40周年パーティ』にお邪魔させていただきました。
エミさんと一緒に伺ったのですが、会場に入ってびっくり。都内の女王様勢ぞろいって華やかさでした!これも人徳でしょうね。

折角のお祝いなので、ベルギーでまとめ買いしてきた仮装衣装から、魔女、ジョーカー、ピエロを取り出しました。エミさんは魔女、奴隷はジョーカー、私はピエロに変身です!魔女の衣装は白人女性サイズ(しかも高身長用)なので着る人がいないかも・・・なんて思っていたのですが、エミさんにはぴったりでした!

帽子、マスク・・・完全仮装の私。絶対に誰も気がつくわけがない!と自信をもって座っておりました。気分はプロのピエロですよ♪何人か知る顔がいたのですが、数名は「???」って顔をしたものの素通り、全く気がつかない人もいる。

【モード・エ・バロック】の雅さんがいたので、こっそり正体を告げると驚いてくれました。
【シュガーヒール】のイヴちゃんもいたので、騙してみようと大人しくしていました。・・・ふっふっふ、意外と気がつかないものです。
暫くしたら【ユリイカ】のゆみこさん登場。同じ席にいたのですが意外と気がつかないのですよ。(笑)これで更に超いい気になった私!ピエロと堪能しておりました。

しかし・・・パーティもいよいよ終盤の頃、元シオラのドミナがいて、「やっぱり!」と言われてしまった・・・。(落胆)エミさんに「ばれてた!」と言ったら、エミさんが「恐れ多くて言えないだけですよ、みんな。」「エ、エミちゃ~ん!(涙)」奴隷が「裸の女王様ですな!(笑)」「ムカッ!」
・・・SMじゃなければピエロの道を行きたいと思っていた私、道は遠い。

エミちゃんがボンテージに着替え、人間馬に乗って登場したのですが、会場から「かっこいい~!」の声。馬に乗る姿を見てため息が出てた。「きれい~」って。後々も「あの人、きれい♪誰?」「あの人、かっこいいですね!誰?」とたくさん質問され、「エミちゃんだよ♪」と鼻高々になってしまった赤鼻のピエロでした。

しかし、そのM男性は40周年ですよ、40周年!普通じゃありませんよっ!(笑)
参加ドミナに馬サービスをなさって何度もドミナを乗せていらっしゃったパワフルぶり。健康は大切ですねぇ。健康あってのSMだと実感しましたよ。見るからに若いしね。50周年目指してがんばってほしいものです!

ちなみの画像は載せません。またピエロでどこかに登場したいので。ちなみにピエロの衣装は3着持っています。一枚はオペラで使っていた本物です!

2007年1月13日土曜日

エルテの画集から

dc7d1f8e.jpgこれは初めてみた!かわいい!是非本物がみたい!


素晴らしい贈り物!!

9a6d86e9.jpg
世界一美しい女、モニカ=ベルッチ女王様のDVDコレクションの協力に続き、雄叫びをあげそうなくらい嬉しい贈り物がもうひとつ。

なんと・・・『エルテ』の画集!

エルテのあるレストランに一緒に行った友達が見つけてきてくれたのだ。うっとり~♪どれも大好きなものばかりだ。あとは・・・本物を買うしか・・・。エルテのコレクターになんかなってしまったら・・・破産だわ。

単なる吸血鬼の話じゃない!

何を今更・・・ってくらい遅すぎる話ですが、フランシス=コッポラの『ドラキュラ』を観た。
私の崇拝するモニカ=ベルッチ女王様の作品を全て観ているので、それを知ったM男君が持ってきてくれたのだ。そのひとつがその作品で、以前から観たかったこともあって楽しみにしていた。

私は映画大好き。だけど、この業界に入って忙しくてのんびり映画を観ることはなくなっていた。でも最近、前よりは時間ができたので観るチャンスに恵まれている。ここ数年のブランクを取り戻すように何本も観ることも多い。

フランシス=コッポラの『ドラキュラ』は今まで観たどのドラキュラとも捉え方が違っていた。単なる吸血鬼の話ではなく、純愛、せつない愛の物語、かわいそうな男の話だった。何でも原作に忠実に映画化したと聞いたが、原作で『ドラキュラ』を読んだことがないので新鮮であった。

ドラキュラの人間ぽさにも驚いたけど、善悪を別のもの、対極のものとしてわけたがる思想がベースにある西洋文化でこういった作品が書かれて、長く受け入れられているあたりも面白いと思った。
それに対して悪が善にかわってゆくという考えは東洋のものとされていますが、最後に神を冒涜していたドラキュラに変化が見られたのに、東洋も西洋もかわらないじゃん?と感じた。

(生まれ変わりは東洋のものとされているけれど、よく考えたらドラキュラは生まれ変わりを書いているんだもんねぇ・・・作者は東洋思想に何か影響を受けているのだろうか?)

それにしても・・・小説の映画化は両方みなきゃダメね。『O嬢の物語』も小説と映画じゃ違うし。
それとフランシス=コッポラと言えば今月20日公開の『マリーアントワネット』も楽しみ。こちらも随分斬新な描写のようです。

一流と言われる人はどんな世界でも、いろんな角度からものをとらえることが出来て、サプライズしてくれます。感性を眠らせない為にも刺激を受けてゆきたいと思うこの頃。


2007年1月12日金曜日

今週日曜のイベントに・・・

私のメルマガで先にお知らせさせていただきましたが、シオラーズ御用達ブティック「Baby Doll」のイベントが今週日曜に開催されます。
このイベントのショーに真珠さん登場予定!お楽しみに!

・・・~Baby Doll the PARTY~NO,1 CLASSIC~・・・
      「愛をうたう」vol.3

新春からお目出度く。
おかげさまで、第3回目を開くことができました。

こちらのパーティは「BabyDoll」の世界観を
空間で表現したファビュラス・パーティ。
星屑のように瞬くシャンデリアの下、
お気に入りのドレスを見に纏い極上の歌謡ショウやレビューを御堪能いただけます。

麗しいことが大好きな
   皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。



===2007・1・14(日)===
            OPEN/19:30 DARK/23:30
新宿歌舞伎町~クラブハイツ~tel/03-3200-9781
新宿歌舞伎町に根づく古き良きグランド・キャバレー。
巨大なシャンデリアの下でのエンター・テイメント。

OPEN MUSIC!!!
Pulse Convention

show!!

~バビ江ノビッチ~・・・
華やかなLIDOを彷彿させる
         グランドキャバレー・レビュー!
新しい衣装も豪華絢爛!召しませ百花繚乱!!

~井手 麻里子~・・・
いつもとは違うヴァージョンで煌びやかな夜の世界を
      生バンドと共にしっとり歌い上げる歌謡ショウ!

~黒色すみれ~・・・
ヴァイオリンと蛇腹を
お人形にソックリの「さち&ゆか」2人組が奏でるデュオ!
レトロな歌詞や幻想的な歌声を御堪能ください。

~星屑スキャット~・・・
ミッツマングローブ、ギャランティーク和恵、メイリー・ムー
3人娘がそれぞれ、
愉快なおしゃべりと昔懐かしい歌謡ショウを繰り広げます!

~ニコル&オイルダラーズ~・・・
妖艶なベリーダンスを素敵な生音にあわせて舞い乱れます。
アラビックですがtokyo的!
前回は観客を総立ちさせた、ドリーム・チーム。
さてさて今回は何が飛び出すでしょう???

Pulse Convention・・・
フルート・コントラバス・ドラムそしてピアノが
織りなす美質な音を兼ね備えたクラシカルなジャズメン達。
豊かな楽曲がラブハイツの雰囲気に光輝く!!


TAMAYO・・・
セクシーを教えるお教室の先生でもあり、ダンサーの彼女。
今回はダンスの中に劇場調の表現もミックスして
あの名作「黒蜥蜴」をTAMAYOが魅せるダンス・ショウ!
盗まれるのはダイヤ?
それとも、皆様のハートでしょうか???

~Baby Doll QUEENS~
マーガレット
オナン・スペルマーメード
エンジェル・ジャスコ
フォンティーヌ
カナリア
キャバレッタ
トースティ
アキコ
絹靴下のピッピ
マメ山田
ヴィヴィアン佐藤



=前売り自由席\5000 自由席当日\6000

==スペシャルリザーブ\7000

===ブラックプレミアシート\30000


~チケットお取り扱い~
12月6日より、受け付けております!!

*Baby Doll/03-5785-2507
*アマランス ラウンジ/03-3770-2331
*BAR PIANO/03-5467-0258


2007年1月10日水曜日

ミトン:コミュニケーションの障害

18fd0f4e.jpg
メンタルな面はそんなに大きく違わないと思っているけれど、それ以外でヨーロッパと日本のSMの違いを大きく感じることがある。道具がそのひとつ。言うまでもなく西洋SMでは革やアイアンが多い。

道具について書いたらキリがないので、とりあえず今日奴隷と使った道具のひとつ、ミトンについて書いてみる。日本でSMを楽しんでいる中で最も親しみのない道具のひとつではないかと思う。*ミトン=仏語で手袋。

革拘束具はヨーロッパに行った時にまとめ買いしてくる。だから、たくさ~ん持っている。(最近はユーロが高すぎだから、次回行った時はまとめ買い無理だろうなぁ。住んでいる時は90円の時もあったからね!)日本では革拘束っていうと縛りができない人が使うみたいに思われているらしいけど、そんなことはない!革拘束も奥深いし、一見してどう使用してよいのかわからない厄介な物もある。

そういったこととは別に、日本人ドミナで革拘束をうまく使いこなす人はあまりいないと思う。(感覚的なものや、畳文化や椅子文化による責め方の違い。)ミトンもそのひとつ。

私も使い方がうまい方ではないのだけれど、ミトンについては私なりに面白みを感じている。

理由のひとるが「コミュニケーションの障害」や「コミュニケーションの遮断」、いわゆるハードルを超える面白さを感じるのだ。○○検定の有段者になるぞ・・・みたいなハードルをあげてゆく面白さ。
ふたつめの理由が「無視する面白さ」だ。

人間の指先はすごい情報網。感じている、悲しんでいる、いまいち、嬉しい・・・指先は意外にも、ダイレクトに感情を発信する。人が人から何かを得る時に、目しかみない、言葉しか信じない・・・なんてのはつまらない。ましてやSMをやっているのだから、体中から発するものを知りたい。そのひとつが指先。

こんな大事な指先を革の拘束具で覆ってしまうのはある意味不便。
だけれど、障害あるコミュニケーションも謎ときみたいでなかなか面白い。

それと、小さなミトンという革拘束具によって、私は小さな無視をする。敏感なM男はその小さな無視や、私がコミュニケーションの障害で鈍くなっているのを肌で感じ、ちょっとした恐怖を覚えているようなので面白い。

無謀なことをされる恐怖、そんな大袈裟なものではないけれどそれに似ている。

朝霧ネタ

e3e8392b.jpgかおるこさんのブログにも朝霧ネタが書いてありましたが、今遊んでいる奴隷君も朝霧ネタを持ってきてくれました。
関西に朝霧という駅があるそうな。地名としては朝霧高原しか知らなかったので驚きです。

今からご褒美でもあげるか~。


2007年1月7日日曜日

今日の昼食会の様子

今日の昼食会の様子がもうそろそろラ・シオラのギャラリーにアップされるかと思われます。チェックなさってみてね。
http://lasiora.com/menu/gallery.html

とても楽しいお時間でした。話題は尽きず盛り上がったのですが・・・一番面白かった話題は「鯱(シャチ)」。そうです、あの海の猛獣といわれるシャチです。

瀬里奈さんの初恋の相手はシャチ。冗談だと思って聞いていたら(失礼)本当だったのですよ。(笑)

瀬里奈さん、本当にシャチが好きで生態についてもとにかくくわしい。シャチの調教師になることを真剣に考えたこともあったそうな。シャチになら食べられても納得・・・という惚れこみよう。(私もオオカミが好きですが、そこまで入れ込んでいません。まだまだですねぇ。)

全国あちこちのシャチ情報を持っている!オススメは鴨川シーワールドのシャチってことなので、真珠ちゃんと真剣に「ツアーやんなきゃ。」と相談。暖かくなったらラ・シオラの鴨川シーワールドツアーなんて本当にやるかもしれません?!

そして、瀬里奈ちゃんの従姉妹でもある響ちゃん。響ちゃんの奴隷君も超面白い。響ちゃんとその奴隷君がシャチを見にいった時、その奴隷君はシャチを見て勃起したそうな。

「シャチの黒光がエナメルを連想させた」・・・らしいです。
この想像力の豊かさ、押さえきれない変態思考回路、脱帽です。

それにしても瀬里奈さん・・・毎回お話する度に出てくる新たなる魅力と味。掴み切れません!

昼食会4

b0a424af.jpg瀬里奈さん、響さん登場!


昼食会

a89b2c48.jpg真珠さん登場!


昼食会2

ad876286.jpgさらさん登場!


新年の昼食会

71b382ce.jpg大好きなエルテのある大好きなレストランにて昼食会。
都内に好きな場所はたくさんあるけれど、ここが1番好きかもしれない?


2007年1月6日土曜日

今日の撮影

69611a87.jpg
今日の撮影、楽しかった!

この画像は1月中にラ・シオラのサイトにアップされまるのでお楽しみにね。

三姉妹?

b93cc642.jpgSM三姉妹


沙羅さん登場

2f96c0fb.jpg深窓の令嬢バージョン


迫力が・・・

293d069d.jpgいろんな意味で大型新人


長身組

abf9be65.jpg180と174・・・すごい


まおちゃんカジュアル

97042989.jpg脚ながい!


エミちゃんの撮影

a1810639.jpg文句なし!すごく目がつよい。


麻央ちゃん

4b581680.jpgスタイルいい~。美しい~。


沙羅ちゃんの撮影

クラッシックなお洋服もお似合いのさらちゃん。
優しげな笑顔から変貌するところまでしっかり撮影しますよー。


エミちゃんの撮影

3d358b6b.jpgブーツ履く姿もカッコイイ。180の長身でいて雰囲気もあるし、まさにドミナ。

早くも出来上がりが楽しみ。


麻央ちゃんの撮影

a77a5a7b.jpg年明け第一弾の仕事は撮影。昨日ま準備していました。

まずは新人麻央ちゃんの撮影。ガーターベルトを初めてつけると言う新鮮さ。

長身からのびる脚に似合います。


2007年1月5日金曜日

大好きな人


楽しくてハードな日だった!同級生や幼なじみ達と騒いだ毎日。夜3時まで同級生達と遊び、翌朝もまた会い、駅まで送ってもらってお茶を飲んだ。今回もSMネタ爆裂。
未婚の同級生だけでなく、既婚で小さな子供がいる人も夜遅くまで遊びに付き合ってくれた。ありがとうございます。

そして、その後ももうひとり、大切な人と会った。
しかし、名古屋駅ってどんどん変わるね。待ち合わせでお店を言われても、もう、何が何だかわからない。

大切な人と言うのは元シオラのマヤちゃん。ご覧のとおり超美形!(外見だけでなく性格もいい。)シオラをやる前からの深くて長いお付き合いの大親友・・・ってより、異性同士であれば絶対に結婚しているであろう相手。私の迷いも間違いも(笑)、かっこつけているところからおドジなところまで、私の全てを知っている相手。

マヤちゃんはこんなに色白で細身で女っぽいけれど、内面はすごく逞しくなっていた。前向きなマヤちゃんを見て私も嬉しくなった。ちょっとうるうるした。柄にもなく。

マヤちゃんとシオラでプレイしたM男ちゃん達の話をした。「懐かしぃ!会いたいねっ!」と話したM男ちゃんのうちのひとりは連絡先がわかる人だったので早速電話をした。(Tさん、驚いたでしょ?)

マヤちゃんにはブタオという、人間の言葉は話せるけれど人間でないよくわからない生き物がくっついている。ブタオちゃんは今日、仕事で来ることが出来なかった。こんな運の悪さは生き方そのものがマゾっぽくてなかなかお茶目だ。相変わらずだね、ブタオちゃん。(今日の私、何か変な言い回しが多いね?)
今度はふたりでカワブランカに参加して下さい。豚の丸焼き作ります。

マヤちゃんがこのブログを楽しみにしてくれているので、何が何でも今日中にアップしたかった。(日付かわっちゃったけどごめんね。ハードな毎日だったのでマッサージを受けて今終わったところなんです。笑)

マヤちゃん、私達の愛は永遠♪幸せはマヤちゃんのものだからね♪



2007年1月4日木曜日

ベネチアにいた

ここ1年、スポーツのおかげか眠りが深く、夢など見たことはなかった。いえ、見ていても覚えていなかっただけかもしれないけれども。

昨日と今日、珍しく夢を見た。

昨日。別れた奴隷がでてきた。
今日。ベネチアにいる夢を見た。

意味深な夢。

シオラで出会い、引退後も深く付き合っていた奴隷が現れた。この話は長くなるから置いておくとして・・・

ベネチアはラ・シオラの名を授かった土地。
そして、今年の初夏でシオラ10周年。
ベネチアの夢を見たのは偶然だと思えない。

浅いだろうと予測していたビジネスSMの世界は、果てしなく深く、たくさんの人々の思いと情に溢れていた。
ビジネス特有の汚さに泣かされたこともあったけれど、サドとマゾの関係性だけ問えば、想像よりダイレクトで人間ぽかった。

だけど、SMが信頼関係だなんて思わない。まず信頼関係を築いてから・・・なんてのは、私にはない。かったるくてね。
(かといって信頼関係でSMしてる人々を間違っているとも思わないので誤解なく。)

では、サドとマゾの間には信頼関係にかわる何が必要か?と問われれば・・・簡単に書くと誤解を生むから、こういう深い話はまたそのうちメルマガで。

1997年。冬と春の狭間のサンマルコ広場で、無色の運河に浮かぶゴンドラを前に私は何を思っていたのかな?
訪れてみようか?
うーん、訪れたい。


2007年1月3日水曜日

「鹿鳴館」

昨日2日、劇団四季による三島由紀夫の「鹿鳴館」が放映されると聞いて楽しみにしていた。
観に行こうと思いつつ、チケットの手配を忘れていたから、TV放映されるならラッキー!と思っていたのだけれど・・・残念ながらNHK第二衛星放送で、観ることができなかった。
病気や怪我でもしない限り、あまりTVを観る習慣がないので申し込んでいなかった。(そのくせアニマルプラネットなどは観ないくせに申し込んである。)

恥ずかしい話、私は三島文学に親しんでいない。SMクラブで働く女性の多くが三島や谷崎を好きと言う中で、私の好きな作家はズレる。
文学に限らず、私の好みはこの業界の女性のものとズレていることが多い。

今年は手をつけていない、もしくは自分の趣味に固執せず、いろんなことに目を向けてみることにした。
だから、三島文学もそのひとつ。

「鹿鳴館」の時代背景は私の大好きな明治時代で、しかもシアターからなら手をつけやすいと思って観たかったのだけれど・・・残念。チケットでも手配するか。

シアターは好きなんだけれど、海外の作品を日本人がやるってのはどうも好きになれない。よっぽど好きな俳優なら別だけど。
売れてる日本人俳優が金髪のウィッグをつけて、マイケルだのマリーだのになるのがダメ。
売れていない俳優ならOKなんだけどね。日系二世などの人が演じているって感覚で観れるから。

トニー賞の「プロデューサーズ」もブロードウェイからきたものを観たからラッキーだった。電光掲示板でいいから、出来るだけ本物がみたい。

だから劇団四季の「鹿鳴館」は無理がないから観たいと思う。

宝塚?宝塚はあそこまでいくと少女漫画の実写って感覚で観てるから別物です。何でも中途半端じゃ説得力ないってことでしょうか・・・?


2007年1月1日月曜日

2007◆Bonne annee!!

e4d78a75.jpg
Je vous souhaite une bonnee et heureuse annee!

皆様どのようにお過ごしですか?私は昨夜の大晦日、夜が遅かったものですから、何をするわけでもなくダラダラすごしています。一年の始まりにこれではいけないと思いつつ・・・。

昨夜、知人の知人が面白いお店を経営なさっていらっしゃるとお聞きして連れて行っていただきました。そのお店は六本木ヒルズの中にあるクラブでした。(注:踊る方のクラブです。)
私達が行った時間は早かったのですが、遅くなるにつれてカウントダウンに集まる人々が増えてきました。

画像はそのお店のVIPルームの中のテーブルのひとつ。他にもベット、歯医者の椅子などがありました。うーん、思いっきりSMテイスト。私にこのお店を見せたいという理由が理解できたわ。
このお店は椅子に凝っています。他にも私の大好きなイタリアの家具ブランドの椅子が揃っていて大感激。今、この家具のお店は日本にないのよね。

そのお店を後に初詣に行く予定だったのですが・・・やっぱり六本木ヒルズは広すぎて、駐車場に向かうまでにも迷ってしまいました。

うちの近所の神社に出掛けましたが、丁度カウントダウンの後だったので列ができていました。参拝を終えて、甘酒をいただいて帰ってきました。

そんなわけで今日の起床は正午。行動を始めたのは正午すぎ。ダラダラできるチャンスは今日しかないので、今からも思いっきりダラダラします。お正月休みの間に鋭気を養います!