2017年4月27日木曜日

平均年齢20歳の控室と・・・頭蓋骨???

先日、珍しく19~21歳の3人が揃いました。
それにしてもコーヒーよりミルクティー、
ビターチョコよりホワイトチョコな
この感じはなあに?
 
控室で初めて3人揃ったのを見た気がします。
普段はすれ違いばかりですから。
なんと、控室の平均年齢約20歳。
今までで一番低いんじゃないだろうか?
ん?ちょっと待って頂戴。
LaSioraができた年に生まれたの?!!!!
もっと正確に言うと
櫻子ちゃんはまだ生まれてないわね。
 
Domina Schoolとして
清く正しい悪い子ちゃんに育成しないと!
立派な悪い子ちゃんになれるか
責任重大ですわ。
ルイ奈さんも5月中に撮影予定。
イリスさん、櫻子さん、ルイ奈さんと
5月は撮影多くなりそうです。
昨日マニアのお話を書いたばかりですが
「好きが故の追求心ってすごい!」
と思うことがタイムリーにもありました。
 
多くの女優、アイドル、有名人の衣装を
手がけてきたBaby Doll Tokyoの
緑川ミラノ女史の追求心は素晴らしいの。
彼女はファッションの視点から
Fetishや美、西洋服装史を見ます。
私はSMの視点から見ます。
深くお話させていただくと、
面白いことになったりします。
前にも書いたことがあるのですが
日本のSMプレイは畳文化がベース。
椅子があろうが何があろうが
責め手は畳文化の動きをしています。
しかし、ドミナのファッションは
椅子文化をベースとした西洋が主流。
だから体勢にも無理があるし、
コルセット、ブーツが傷み易い・・・
と話したことがあります。
漠然とヨーロッパのSMクラブを
回ったわけではないんですよ。笑)
 
その後、彼女は
「日本人女王様用ビスチェ」を作りました。
今話題のクビレを作るコルセットではなく、
プレイがし易いコルセット風ビスチェ。
何が違うかは書きませんが。
(企業秘密かもしれないしね♪)
素晴らしい!と感動しました。
西洋文化との違いを考慮した
ドミナの為のフェティッシュ服なんてお初!
彼女には多くの気付きや疑問がある。
地道にそれらを解いてゆくから
一歩踏み込んだものができるのでしょうね。
 
去年だったかな?
突然、緑川ミラノ女史が
私の頭蓋骨を褒めだしました。
「ちょっと触らせて」と確認して
「思った通り!頭蓋骨キレイだわ!」
・・・と。
もう、何が何だか私にはさっぱりです。
とにかく頭蓋骨は重要とのこと。
そうして月日は流れゆくのですが、
相変わらず「定期的に」
私の頭蓋骨を褒めて下さる。笑
一応、簡単な人体工学は学んだので
人種における体形や骨の違いも
すこーしは理解しているけど、
頭蓋骨の美はマニアックすぎて・・・
そして昨日。
ミラノ女史から
「やっぱり頭蓋骨は重要だったわ!」と
ある本をご紹介下さいました。
私には「地球は青かった!」くらいの驚き。
頭蓋骨の美しさの必要性を
本になさったカメラマンがいらっしゃるそう。
これは・・・読んでみよう!
 
追求を徹底するとこうなるよね。
同じことをやっていても
気付きがある人とない人がいる。
SMもそう。
1年で「もうわかりました!」
と言う人もいれば、
キャリア何年であろうが
常に気付きある人もいる。
よく宗教や啓蒙の話題で
「気付き」の大切さが語られるけど
気付くか否か自体も才能のうち。
気がついてどうするか?も才能のうち。
 
私もやり過ごしてきた気付きを
面倒がらずに丁寧に解かないと・・・
 
 
 


2017年4月25日火曜日

ちょっとだけ深いマニアのお話。

フランスでまたしてもテロ。
今度はシャンゼリゼです。
私は極右ではないし、
フランス人の感覚的なものまで理解できない。
でも、今回ばかりはマリー・ルペンに一票・・・
という気になってしまいます。
私のまわりにはマリー・ルペンを支持する人が
わりと多いような気がします。
「このままじゃフランスがなくなる」
そんな危機感からみたいです。
テロ、北朝鮮の問題、ロリコン殺人・・・
世の中、どうなっちゃったのかしら?
面白おかしく生きるって難しいわね。
まずは自分の半径1mの幸せを
心がけましょうか。話題を変えましょう。

イリスさんも着々とファンを獲得。
パワフルでこの先が楽しみです。
5月中にイリスさんと櫻子さんの
ギャラリー撮影をしたいと計画中。
楽しみにしていてね。
ギャラリーに出演してもいい会員様、
LaSioraにメール下さいね。
(できればお二人とプレイした経験のある
会員様がベストです)
先日、イリスさんに鞭の講習をしました。
講習という言い方は好きではないのですが
適した率直な単語が見つからないので
講習で良しとしましょうか。
基本的に私の講習内容は
「危険行為、禁止事項、
最低限のことは教える。
プレイスキルについても
みんな同じになったら面白くないので
応用可能な基礎のみを教える。
それ以外は好きにやって頂戴」です。

「講習」という言葉がしっくりこない理由は・・・
答えがひとつじゃない、
答えがないものであるから。
SMプレイのスキル全般に言えることですが
人体学上の最低限必要な知識、
危険・注意点以外は
感じるがままでいいと思っています。
最低限の注意点は入店時に済ませるので
それ以降の「講習」は
答えのないことを伝授することになります。

鞭で言えば、打つのが上手、
的当てが上手なのは当たり前のこと。
スポーツ鞭のように何メーターもの鞭を
使うわけではないので、
誰でも人体に当てる程度のスキルは
少し練習すればできて当たり前。
プロともなればもっと当たり前。

たまには小難しいことも書いてみようかな?
マニアックな話を少し。
加えて言えば、鞭の種類によってプレイ頻度、
打ちっぱなしの場合はその時間を考え、
エスカレートしないように、かつ、
像皮のように固い背中にならないように
コントロールできれば完璧。
「鞭が強くなった」と喜んでいるMの皮膚は
鈍感になっているだけの場合も多いですから。
折角の性感帯を壊すのはもったいない。
(乳首も同じことが言えますね)
以上はキャリアを重ねてわかったことですが。

こういう小難しいことって
書くか書かまいか考え、
ここ数年書かずに終わってきました。
だって、めんどくさいもの。語るのも書くのも。
マニアの自己満足でやってればいいし、と。

「でも、そこが知りたい!」とご意見いただき、
今日は頑張って書いてますが・・・。
いずれにせよ、人間って
好きなことじゃないと追求しませんよね?
SMと鞭は徹底的に追及したけれど
縛りなんて全くしていませんもの、私。
私の縛りは目的を遂げる手段でOK。
でも、縛りのマニアからすれば
もっと深い話が出てくるはずです。
縛りを追求はしていませんが
そういう話を聞くのは好きです。
ちなみに鞭、皮膚感覚、乳首責め、クリップ、
蝋燭・・・などなどは徹底的にやりました。
私の場合、フェチ色よりもサド色が強いし、
肉体や快楽の限界に興味が進んだので。
これだけで数年経ったけど飽きなかったわ。
東急ハ◎ズの蝋燭、クリップ、スプリングは
新人時代に全種類使ってみたしね。
その中で気に入ったものだけ残っています。

話を戻します。
理論で済まないことが99%の世界なので
お互い感じたことを
キャッチボールしてゆくしかありません。
黙って耐えることがMではないし、
言われるがままではMというよりマグロ男。
Sだってそう。
Mが発してるものを感じ取る、
感じようとすることをせずに
威張るだけではSというよりヒステリーです。
Mの握りしめている手、Mの食いしばる歯、
全てが発信機。
Sは研ぎ澄まされたアンテナで受け止めたり、
裏切ったり、意地悪をします。
お互い発信したり受信したりを
繰り返しています。
たとえ無視したとしても
「無視」というコミュニケーションが成立したり、
本当に厄介な世界です。

先述のように鞭の的当ては簡単です。
難しいのは相手を読むこと。
時には無理矢理
限界を超えさせなきゃいけないし、
(Sとしての統率力)
時にはストライクど真ん中で終えるのも必要。
時には、与えない。満足なんてさせない。
これも鞭だけでなくSMプレイの全てに言えること。
それをどのように判断するのかなんて、
講習のしようがありません。

相手から感じたものに返していった結果、
そうなっただけで理由がありません。
もちろん見誤ることだってあります。
「やっちゃった!!泣」なんてことも何度もある。
SMプレイも高度になると、
満足のはずが、満足自体が不満足・・・もある。
よく私が言うことのひとつですが
SMプレイなんて小さな賭けの繰り返し。
これ、講習することではありません。

私ができるのはドミナと共に
お道具を持って戯れたり、
気付きの芽生える環境を整えたり、それだけ。
SMって本当に面白い。
上澄みだけで面白さもわからず終わるのは
SにとってもMにとっても勿体ない。
この世界の良さを伝えることのできるドミナが
ひとりでも多く誕生すれば幸せです。






2017年4月22日土曜日

ランジェリーレッスン

SMシーンを彩るのは
漆黒の革製品、
艶やかなラバーコスチューム、
ハイヒールにブーツ・・・と、
素敵なフェティッシュアイテム。
サド心にもマゾ心にも
シャープなエッセンスを効かせてくれる。
 
ミストレスのドレスが肩を滑り落ちる時、
マゾに最初に微笑みかけるのは
ランジェリーのレース、肩のストラップ。
”ようこそ、私のサドマゾの世界へ”
スイッチは完璧なONになる。
 
SMプレイはまるでシネマ。
サドは思うがままの世界を進行しようと
起、承、転とあらゆる手段を駆使する。
結はFin,The Endではなく、
縛、Bondage,Dominationの
始まりであるのがシネマとは違うけれど。
 
ミストレスとは
ある館に君臨する麗しき女性のこと。
魅力的な女性であることは必須科目。
ミストレス、いえ、
魅力的になりたい全ての女性の為に
一限目はランジェリーレッスンを。
 
レースという素材は
どことなく心に華やぎを運んでくれます。
原宿にはレースのお花が満開です。

2017年4月20日木曜日

可愛い伊織ちゃんとフランスでの緊縛

毎年思うのですが4月、
春はやっぱり活発な季節ですね。
今日もお知らせがあります。

まずは私のプロデュースする
Gallery Bar AMARCORDより。
http://amarcord.jp/
レースクイーン、グラビアアイドルであり
AMARCORDでも長く頑張ってくれた
坂井伊織ちゃんが明日をもって退店。
明日は彼女の最終日&バースディ。
AMARCORDに大集合よ!

でも悲しむことなかれ。
最近はDJとしても活躍中の伊織ちゃん、
これからも皆様を躍らせますわよ💛
AMARCORDとも交流の深い
Deca bar Zでも引き続き活躍してゆきます。
http://www.tokyo-club.net/decadance-bar/
可愛い、性格がいい、頑張り屋の
3拍子揃った伊織ちゃんを
これからも応援してあげてね!
そして、もうひとつ。
瀬里奈様と響様が君臨する
ピンククリスタルよりお知らせ。
http://www.pink-crystal.net/system.html
小鳥遊 秋葉(たかなし あきは)さんが
本日よりピンククリスタルで復活します!!

La Siora退店に
ご自分でSMバーも経営した秋葉さん。
いろんな経験も積んで
最後に彼女の口から出たのは・・・
「緊縛!」
やっぱりそうこなくっちゃ!
それでこそ秋葉ちゃん!!
La Sioraでも秋葉さんの縛りを体験できる時が
来るかもしれませんよ。(^^)

ご存知ない方も多いでしょうが実は、
フランスにおいて秋葉さんの功績は大きい。

今でこそ世界中、緊縛ブーム。
フェティッシュイベントに行けば
どこの国でも「緊縛師」と名乗る人がいる。
しかし、数年前まで
「緊縛ショーはメインにならない」というのが
フランスのフェティッシュイベントの定説でした。
メインステージではなく、小さなステージ、
緊縛ブースでやって頂戴・・・でした。
「縛っている間が退屈」「地味」
そんなことを言われていました。
私は緊縛LOVEってわけではなく、
縛る時は目的を達する手段でしかないので
それを聞いても「ふ~ん」という感じでした。
でも、「それは違う」と思ってました。

そして、見事にリベンジを果たしてくれたのが
小鳥遊 秋葉さん、そして、
世界で活躍中のあの山桜桃さん。

最初はメインイベントの日ではなく
前夜祭だったと思う。
オーディエンスの誰一人残らず息を殺し、
ショーが終わった後にシーン・・・大喝采。
その後、責任者から賛辞の言葉、
翌日に噂を聞きつけた「偉い人」と会った時、
「次回から好きにメインステージを使って下さい」
と言って下さいました。
その「偉い人」はもう去りましたが
翌年も秋葉さんはメインステージに立ちました。

もはや緊縛は
SMのカテゴリーで収まってはいません。
SMと切り離れて考えられていることも多い。
ブームがあれば廃れる時も来るかもしれないし、
定番になる、違う形、
進化形を遂げてゆくのかもしれない。
いずれにせよ昔からの技を継いでいる緊縛師も
新鋭緊縛師も其々の個性を活かし、
最後に何が出てくるんだろうと思うと楽しみ。
大袈裟な言い方だけど
モダンアートの歴史の現在進行形みたい。
これも長くひとつの世界にいることができたから
感じることなのかもしれませんね。

2017年4月18日火曜日

ラムさん退店と近況

すっかり間が空いてしまいました。
この間、休暇をいただき、
後はあちこち動き回るお仕事を進行。
落ち着いのない日々でした。笑

年2回は休暇をいただいています。
(正確には年末年始を入れると3回)
今回の休暇は今までにないくらい・・・
良く動きよく食べました!
胃がのびきってしまったのか、
困ったことによくお腹が空く。泣
本来、私は満腹感が大嫌い。
息苦しさ、重さ、気だるさ、
機敏に動けないし最低・・・
食後のお腹の膨らみは見苦しい!
豚の役割はマゾだけでよろしい。
胃腸が頑丈ではなく、
体が音をあげ始めたので健康食再開。

鍛え上げたボディと言えば、ラムさん。
ヨガ、ピラティスで鍛えた体幹とお尻は
それはそれは素晴らしいの。
そんなラムさんが今月末で退店します。

30日(日)はお休みをいただく為、
正確には固定出勤日はその1週前です。
退店告知について前から相談はしていましたが
明るくパッ!とお知らせしたいという
ラムさんの意向もあり、
間際のお知らせとなりました。

ラムさんのブログにもありますが
妹さんが来月出産なさいます。
出産後に妹さんが治療を要することもあり、
ラムさんが育児に専念することになりました!
ラムママ誕生です♥
妹さんはラムちゃんと同じ美人さん。
可愛い赤ちゃんだろうなぁ・・・と
画像が送られてくるのを楽しみにしてます。

シオラーズは日曜日を
「日曜シオラ」と呼んで少し特別な位置づけ。
休日のせいかご予約の会員様のムードも違えば、
オフィスにも何となく違う空気が漂う。
何が違うの?と問われても何が違うのかは???
日曜にはラムさんの笑顔もあって・・・
でしたがオフィスも寂しくなります。

会員様方、残りわずがですが
最後までラムさんを応援してあげて下さい。
会員様方。
現在、シフトが薄い日もあります。
出勤シフト&プレイ内容は
ベストなプレイを提供を目指して
ドミナらの判断に委ねており、
出勤日が少ないドミナらもいます。
予約に対応できない日もあり、
ご不便おかけしますがお待ちくださいね。

常に良き人材を募集&面接しております。
当店会員様のカラーに合う人材、
個性的な人材を常に求めております。
誰でも良いわけではないのは
M男性がよくご存知でしょうから、
焦らずにやってゆきたいです。

****

求人のお問合せについて。

講習→セッション見学→予約開始となります。
講習から予約開始の期間は人によります。
「ドミナ本人がひとりでプレイしてみよう」と
思った時点で独立予約の開始です。
新人料金、新人給与は設定していません。
他ドミナと同様の条件です。
収入は人それぞれですが、
安定して長くやっているドミナらで言えば
週2、3日50万~が平均です。
*コスチュームやお道具は自前です。

オフィス内は禁煙です。
喫煙者も少ないため、ご安心下さい。

不安を感じる場合、
日本語をお話しならない会員様とのセッションは
NGで大丈夫です。


2017年4月1日土曜日

櫻子さんギャラリー公開とレギュラーに💛

桜も満開に近づいてきました。
この土日にお花見なさる会員様も多いのでは?
私も今日は外に出るつもりです。
その前に・・・

桜の季節に相応しいお知らせ。
櫻子さん、今月よりレギュラードミナです!

若くてかわいい、
スタイルも抜群で美肌&美尻・・・
しかし、彼女の魅力は
19歳のフレッシュさだけではありません。
この年齢にして人に対する寛容さを
持ち合わせているところも魅力。
子猫のようなしなやかさと冷静さ、
気品とミステリアスさも秘めている
恐ろしき19歳。
翻弄され、おもちゃにされ、蔑まれ、
マゾとして最高のよろこびを!

キャパシティも大きく頑張り屋さんです。
でもまだ若きドミナであること、
経験を要することはお待ち下さい。
ドミナとして天性の才能がある上、
覚えも早いですが
まだスタートを切ったばかりの
ドミナであることをお忘れなく。
お手柔らかに。

櫻子さんのミニギャラリーです。
何気ない日常、カフェでの様子です。
”Sweet Tea Time”こちらからどうぞ。
https://www.smugmug.com/gallery/n-9RWb3x/

*レギュラードミナ昇格にあたり、
本日以降のリピート予約については
レギュラードミナ指名料になります。
櫻子さん初めての予約の場合は
指名料は発生しません。